そのほか

そのほか

第2回「移住と共生」研究報告 延期のお知らせ

3月8日(日)に実施予定しておりました本研究会は、新型コロナウイルス
感染拡大防止のため、開催を延期いたします。
延期後の日程は、今後の状況をふまえながら、お知らせいたします。

********************************************************************************

本研究会では、「外国人住民の高齢化への対応」と「介護現場における外国人労働者の受け入れ状況」について、研究会のメンバーである魁生由美子(愛媛大学)、村岡則子(聖カタリナ大学)両氏より報告をいただきます。
魁生氏からは多文化福祉の先進地の1つである大阪市の在日コリアン高齢者を対象としたデイサービス事業の報告を、村岡氏からは外国人介護労働者に関する研究動向を中心とした報告をいただく予定です。

■日  時:3月8日(日)午後1時30分~午後5時(予定)
■場  所:愛媛大学教育学部3号館4階 社会科実験室
愛媛県松山市文京町3
*伊予鉄道「赤十字病院前」下車。大学正門を入って右手を
進み、突き当たりの大学会館(学生食堂)の向かいの建物)
http://www.ed.ehime-u.ac.jp/~edhp/sub/access/
■研究報告:
(1)魁生 由美子 氏(愛媛大学教育学部)
「地域福祉の多文化化-大阪市とその近郊における在日コリアン高齢者を
対象とするデイサービス事業」
(2)村岡 則子 氏(聖カタリナ大学人間健康福祉学部)
「外国人介護労働研究にみる近年の動向と実際」
(3)大黒屋 貴稔 氏(聖カタリナ大学)、梅村 麦生 氏(日本学術振興会
・特別研究員)
「スペインの移民政策について」(シンポジウムの参加報告)
■参加方法:3月3日(火)までに参加者名・人数をお知らせください。
★問い合わせ先:TEL: 075-411-8104(徳田研究室)
Email:tokuda★res.otani.ac.jp(徳田)   ※★を@に変えてお送りください。
※本研究会は、日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤研究B)「日本の地方部における多文化化対応とローカルガバナンスに関する地域比較研究」(研究代表者:徳田剛、課題番号19H01579、2019~2021年度)の主催によるものです。

 

 

 

Copyright © EPIC. All Rights Reserved.

▲ページTOPへ