そのほか

そのほか

外国語としての日本語教室   「今すぐ日本語」(オンライン)を開講します

入門レベルの日本語教室「今すぐ日本語~くらしの情報広場~」をZOOMを使

って行います。

この講座では、松山で生活するのに必要な日本語を勉強します。

参加したい回、参加できる回のみへの参加も受け付けています。

みなさんのまわりの外国人の方にお知らせをお願いします。

 

■日時と内容:

・「買い物」

Zoom:7月18日(土曜日)10:00~10:40

YouTube:7月11日~25日

・「ゴミの出し方」

Zoom:7月25日(土曜日)10:00~10:40

YouTube:7月18日~8月1日

・「病院」

Zoom:8月1日(土曜日)10:00~10:40

YouTube:7月25日~8月8日

・「街で(地図、交通)」

Zoom:8月8日(土曜日)10:00~10:40

YouTube:8月1日~15日

■授業の受け方:

(1)授業の時間までにYouTubeの動画で予習(約40分)

※期間内ならいつでも見ることができます。

(2)ZOOMの授業を受けます

※授業の日は決まっています。

■対象:

・初めて日本語を勉強する方

・松山市に住んでいる方

・Zoomにビデオ参加できる方

■授業料:

無料

■申し込みの締め切り:

「買い物」7月10日、「ゴミの出し方」7月17日、「病院」7月24日、

「街で(地図、交通)」7月31日

■申し込み方法:

下の(1)~(8)の情報を mail★mic.ehime.jp に送ってください。

(1)名前、(2)メールアドレス、(3)性別、(4)国籍、(5)住所、

(6)電話料金、(7)使用するデバイス(スマホ、タブレット、PC…)、

(8)参加希望日

※Googleフォームからも申し込みができます。

https://forms.gle/AzJrMMkHoC3FZd4MA

■そのほか:

・申し込みした方にZoomとYouTubeのURLをお送りします。

・インターネットを使って授業をするため、通信料にご注意ください。

・Zoomの使い方がわからない方は、事前にインターネットで調べるか、まつ

やま国際交流センターにお問い合わせください。

・ホームページ上の案内はこちらからご覧ください。

日本語: https://www.mic.ehime.jp/MIC/JP/MIC_imasugunihongo.html

英語: https://www.mic.ehime.jp/MIC/Foreigner/MIC_imasugunihongo_f.html

★問い合わせ先:

まつやま国際交流センター

TEL: 089-943-2025  FAX: 089-931-2041  E-mail: mail★mic.ehime.jp

※★を @に 変(か)えて ください。

 

 

 

 

 

新居浜市外国人相談窓口を開設します!

 

 

 

 

外国人が日本で生活する中で生じる疑問やトラブルの相談に対応します。

 

■相談できる日:2020年7月1日から

■相談できる時間:

(1)英 語:火曜日と木曜日

午後1時から午後5時まで

(2)韓国語:金曜日

午後1時から3時30分まで

(3)ベトナム語:日曜日/1か月に1回

午後1時から5時まで

(4)日本語:月曜日から金曜日まで

午後1時から5時まで

※土日祝日、年末年始はおやすみです。

■相談できる場所:新居浜市国際交流協会

https://kokusai.city.niihama.ehime.jp/

■相談で使える言葉:英語、韓国語、ベトナム語

■相談の費用:無料

★問い合わせ先:新居浜市国際交流協会

TEL: 0897-65-1579 FAX: 0897-65-3157

E-mail: niihamashikokusai★gmail.com

※★を @に 変(か)えて ください。

 

 

 

 

 

今治市外国人相談窓口を開設します!

 

今治相談チラシ

令和2年7月1日より、「外国人相談窓口」を開設いたします。
今治市に住所を有する外国人数は3千人を超え、外国人の円滑な受け入れの
促進に向けた取り組みとともに、外国人との多文化共生社会の実現に向けた
環境整備が必要とされておりましたが、今回設置する「外国人相談窓口」は、
在留外国人が生活に係る適切な情報や相談場所に迅速に到達することができ
るよう、情報提供・相談を多言語で行う一元的相談窓口であり、多文化共生
社会の実現の一助とするものであります。
「外国人相談窓口」は、今治市営業戦略課と今治市国際交流協会の2か所に
設置し、相互に連携しながら相談業務にあたります。

■「外国人相談窓口」:
日常生活で困ったことがあったら、お手伝いします。
生活の中でわからないこと 困っていること気軽に「外国人相談窓口」にご
相談ください。秘密は守ります。
■相談できる日:
2020年7月1日から
■相談できる時間:
月曜日から金曜日まで
午前8時30分から午後5時15分まで
※土日祝日、年末年始はおやすみです。
■相談できる場所:
(1)今治市国際交流協会
http://iciea.jp/
(2)今治市役所営業戦略課
■相談で使える言葉:
英語、中国語、韓国語、ベトナム語
※通訳が必要な方は、今治市国際交流協会へ電話してください。通訳は無
料です。
予約が必要です。
※そのほかの言葉は、自動で翻訳をする機器を使うことがあります。
■相談の費用:無料
■案内のちらし:
https://www.city.imabari.ehime.jp/eigyou-s/gaikokujin/soudan.pdf
★問い合わせ先:
(1)今治市国際交流協会/ICIEA
TEL: 0898-34-5763 E-mail: info★iciea.jp
(2)今治市役所営業戦略課
TEL: 0898-36-1554 E-mail: eigyou-s★imabari-city.jp

※★を @に 変(か)えて ください。

 

 

 

 

 

WGO?5月号と6月号の配布をお休みします


英語情報誌WGO?は、新型コロナウイルス感染拡大防止への協力のため、レイアウト作業を中止しております。
それに伴い、5月号と6月号のの印刷版の配布をお休みします。
配布がお休みの間もWEB版は、これまで通り、掲載を続けます。
最新の情報は下記URLからご確認ください。
【”WGO?”って何?】
WGO?は、松山市及び松山市周辺市町在住の外国人や外国人旅行者向けに英語で書かれた無料の情報誌です。
ボランティアによって毎月発行されており、EPIC、MIC、大学、書店、駅等で手に入れることができます。

■WGO?のホームページ:
http://home.e-catv.ne.jp/wgo/
★問い合わせ先:WGO?
Email: wgo.matsuyama.info★gmail.com ※★を@に変えてください。

新居浜市国際交流協会 ホームページリニューアル のご案内

新居浜市国際交流協会では、ホームページをリニューアルいたしました。
今回のリニューアルでは、ご利用の皆さまにより使いやすく、よりわかりやすいホームページを目指し、デザインを一新しています。
これからも内容の充実を図り、より良いホームページの提供を目指してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
なお、ホームページのリニューアルにともない、URLが変更になりました。
ブラウザの「お気に入り」などに登録されている場合は、新しいページのURLへの登録変更をお願いいたします。

■新居浜市国際交流協会ホームページ:
https://kokusai.city.niihama.ehime.jp/
★問い合わせ先:新居浜市国際交流協会
TEL: 0897-65-1579 FAX: 0897-65-3157

 

 

 

 

 

第2回「移住と共生」研究報告 延期のお知らせ

3月8日(日)に実施予定しておりました本研究会は、新型コロナウイルス
感染拡大防止のため、開催を延期いたします。
延期後の日程は、今後の状況をふまえながら、お知らせいたします。

********************************************************************************

本研究会では、「外国人住民の高齢化への対応」と「介護現場における外国人労働者の受け入れ状況」について、研究会のメンバーである魁生由美子(愛媛大学)、村岡則子(聖カタリナ大学)両氏より報告をいただきます。
魁生氏からは多文化福祉の先進地の1つである大阪市の在日コリアン高齢者を対象としたデイサービス事業の報告を、村岡氏からは外国人介護労働者に関する研究動向を中心とした報告をいただく予定です。

■日  時:3月8日(日)午後1時30分~午後5時(予定)
■場  所:愛媛大学教育学部3号館4階 社会科実験室
愛媛県松山市文京町3
*伊予鉄道「赤十字病院前」下車。大学正門を入って右手を
進み、突き当たりの大学会館(学生食堂)の向かいの建物)
http://www.ed.ehime-u.ac.jp/~edhp/sub/access/
■研究報告:
(1)魁生 由美子 氏(愛媛大学教育学部)
「地域福祉の多文化化-大阪市とその近郊における在日コリアン高齢者を
対象とするデイサービス事業」
(2)村岡 則子 氏(聖カタリナ大学人間健康福祉学部)
「外国人介護労働研究にみる近年の動向と実際」
(3)大黒屋 貴稔 氏(聖カタリナ大学)、梅村 麦生 氏(日本学術振興会
・特別研究員)
「スペインの移民政策について」(シンポジウムの参加報告)
■参加方法:3月3日(火)までに参加者名・人数をお知らせください。
★問い合わせ先:TEL: 075-411-8104(徳田研究室)
Email:tokuda★res.otani.ac.jp(徳田)   ※★を@に変えてお送りください。
※本研究会は、日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤研究B)「日本の地方部における多文化化対応とローカルガバナンスに関する地域比較研究」(研究代表者:徳田剛、課題番号19H01579、2019~2021年度)の主催によるものです。

 

 

 

日本語(にほんご)能力(のうりょく)試験(しけん)について

日本語(にほんご)の能力(のうりょく)をはかる試験(しけん)です。
日本語(にほんご)を母語(ぼご)としない人(ひと)が受(う)けること
ができます。N1からN5までの試験(しけん)があります。
申し込み書(もうしこみしょ)がホームページ(ほーむぺーじ)にあります。

■試験(しけん)の日(ひ):
7月(がつ)5日(いつか)日曜日(にちようび)
■試験(しけん)の場所(ばしょ):
試験(しけん)を申し込んだ(もうしこんだ)人(ひと)に「受験票(じゅけんひょう)」を送(おく)ります。
「受験票(じゅけんひょう)」に、試験(しけん)を受(う)ける場所(ばしょ)が、書(か)いてあります。
■費用(ひよう):5500円(えん)
■申込期間(もうしこみきかん):3月(がつ)27日(にち)金曜日
(きんようび)から4月(がつ)20日(はつか)月曜日(げつようび)
午後(ごご)5時(じ)まで
■申し込み(もうしこみ)の方法(ほうほう):
インターネット(いんたーねっと)で申し込む(もうしこむ)ことができます。
※スマートフォン(すまーとふぉん)、タブレット端末(たぶれっとたんまつ)でも申込(もうしこみ)ができます。
★電話(でんわ): 03-6686-2974
★ホームページ(ホームページ): https://www.jlpt.jp/

ボランティアのための語学講座 参加者募集!

まつやま国際交流センターでは、外国語でボランティア活動をする方のための語学講座を開講します。
皆さんの持っている語学力を観光ガイドに活かしてみませんか?
■期  間:4月中旬~9月中旬
■場  所:コムズ内 会議室
(住所:松山市三番町6丁目4番地20)
■対 象 者:(1)松山市内に在住か、勤務先・通学先のある方
(2)希望講座の言語で日常会話ができる方
(3)受講後にボランティアガイドとして、活動に参加する意
欲がある方
■募集中の開講講座:
(1)Welcome to Matsuyama(英語ボランティアガイド養成教室)
平日コース 時間:木曜日 10:00~11:30、定員:60名
回数:15回、受講料:3,000円
(2)Welcome to Matsuyama(英語ボランティアガイド養成教室)
週末集中コース 時間:6/6~7/11の土曜日 10:00~11:30、
定員:30名 回数:6回、受講料:1,200円
(3)オソオセヨ松山(ハングルボランティアガイド養成教室)
時間:木曜日 18:30~20:00、定員:30名
回数:13回、受講料:2,500円
(4)ファンインタオ松山(中国語ボランティアガイド養成教室)
時間:水曜日 18:30~20:00、定員:30名
回数:13回、受講料:2,500円
※実習先によっては交通費などの実費がかかる場合があります。
■申込方法: ≪往信面記入事項≫
各講座1人1枚に (1)希望する講座名、(2)郵便番号、
(3)住所、(4)氏名(ふりがな)、(5)電話番号、
(6)年齢、(7)職業をご記入ください。
≪返信面記入事項≫
(1)郵便番号 (2)住所(3)ご自分の名前
※返信面の裏面には、まつやま国際交流センター(MIC)から
のお知らせを印刷しますので、なにも書かないで下さい。
※往信面の宛先は、申込先住所を記入してください。
■申 込 先:〒790-0003
松山市三番町6丁目4-20 コムズ1階
まつやま国際交流センター
■注意事項:往復ハガキ以外でのお申し込みは受け付けておりません。
受講申込者数が定員を超えた場合、抽選となります。
■締  切:3月19日(木)消印有効
★問い合わせ先:まつやま国際交流センター(MIC)
TEL: 089-943-2025
E-mail: mail@mic.ehime.jp

※★を@に変えてお送りください。

 

 

 

次世代リーダー育成プロジェクト「内閣府青年国際交流事業」 募集説明会のお知らせ

2020年度内閣府青年国際交流事業
『新しい「道」を 私がデザインするために~次世代リーダー育成プロジェクト~』既参加青年が体験談を交えながら、全6つの国際交流事業について紹介します。

■日  時:2月29日(土)14:00~16:00
■場  所:松山市男女共同参画推進センター4階和室
(住所:松山市三番町6丁目4番地20)
■参 加 費:無料
■事業応募対象年齢:18歳~30歳まで(一部40歳まで可)
■説明会参加対象年齢:特になし
■申込方法:https://forms.gle/Q3vpTqJcjHodYHa69
■6つの交流事業:(1)「東南アジア青年の船」事業、(2)「世界青年
の船」事業、(3)「国際社会青年育成」事業、(4)「日本・中国青年親
善交流」事業、(5)「日本・韓国青年親善交流」事業、(6)地域課題対
応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」
■そのほか:質疑応答、個別相談、意見交換会あり
★問い合わせ先:愛媛県青年国際交流機構
TEL: 080-8253-0974 (長瀬)
E-mail: e-iyeo★hotmail.co.jp

※★を@に変えてお送りください。

 

 

 

 

 

外国人の人権に関する啓発動画「HELP US!~エヒメで暮らす外国人のホントのキモチ~」

愛媛県人権対策課では、愛媛大学国際連携推進機構と協力し、外国人の人権への理解を深める啓発動画「HELP US!~エヒメで暮らす外国人のホントのキモチ~」を制作し、公開しています。

ぜひご覧ください。

https://www.pref.ehime.jp/h15900/douga/help_us.html

<内容>(全6編 約10分)

①私たちは空気を読みません!
学食にて、日本人に外国人が話しかけている。日本人は心の中で早く帰りたいと思いながら、ニコニコしたまま話を聞き続けて。。。

②私もお茶がほしい!
打ち合わせなどで、お茶を出してもらう機会がたくさんあるが、その度に。。。

③座席を空けないで!何も怖くありません!
バスなどの公共交通機関では混み合っていても外国の人の周りだけは空いていて。。。

④宗教に関して理解してほしい!
イスラム教では1 日5 回の礼拝が必要。職場などでは、トップの人に認められていても、所属部署には伝わっていないことがよくあって。。。

⑤英語わかりません!
お店で買い物をするとき、食品に使われている成分を知りたくて、お店の人に尋ねたら。。。

⑥丁寧なんだけどわからない!
空港で、外国人が日本人に道を聞いたとき、日本人は丁寧に説明してくれたのだけれど。。。

 

 

 

Copyright © EPIC. All Rights Reserved.

▲ページTOPへ