ふりがな あり なし

そのほか

そのほか

【(独)国際交流基金からのお知らせ】日本語パートナーズ2022年度第2回募集(タイ11期・インドネシア19期・ラオス8期)

(独)国際交流基金(JF)では、東南アジアを中心とするアジアの中学校・高校などの日本語教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや日本文化の紹介を行う、日本語パートナーズを派遣しております。

【日本語パートナーズ 2022年度第2回募集(タイ11期・インドネシア19期・ラオス8期)】
 
1.派遣先国・期、募集人数、派遣期間
(1)タイ11期 / 30名/ 2023年5月~2023年12月
(2)インドネシア19期 /20 名 / 2023年8月~2023年12月
(3)ラオス8期/ 4名 / 2023年8月~2023年12月
※いずれも予定のため、派遣先機関等の都合により変更する可能性があります。
 
2.応募期間
2022年7月21日(木)~9月14日(水)
※9月14日(水)17:59締切
(専用フォームより書類をアップロードし応募完了。郵送・持ち込み不可)
 
3.各種イベントの実施
(1)公開質問会
応募期間中の8月15日(月)19:00~20:30に、オンラインにて公開質問会を実施します。
派遣中の日本語パートナーズや、帰国した経験者が視聴者からの質問にお答えします。
応募仮登録をした方向けのイベントですので、視聴ご希望の方は以下のページにアクセスのうえ、応募登録ページから仮登録をしてください。
 
▼募集用特設ページ
https://np.asiawa.jpf.go.jp
 
(2)経験者と話す会
7月30日(土)から9月2日(金)の期間で、オンラインイベント「経験者と話す会」を開催します(全6回)。
20名程度のグループに分かれて、気軽な雰囲気で経験者と直接お話することができます。
 
【参加申し込み】
▼「経験者と話す会」参加申込ページ
https://asiawa.jpf.go.jp/partners/news/event_keikensha_202207/
 
上記に関する詳細は、以下をご覧ください。
▼募集用特設ページ
https://np.asiawa.jpf.go.jp
 
▼「募集情報」(タイ11期・インドネシア19期・ラオス8期)
https://asiawa.jpf.go.jp/partners/apply/
 
▼イベント情報
https://asiawa.jpf.go.jp/partners/event/
 
【日本語パートナーズに関する照会先】
独立行政法人国際交流基金(JF)日本語パートナーズ事業部事業第2チーム
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-6-4
E-mail:nihongopartners@jpf.go.jp
受付時間:9:30-18:00(土日祝除く)

【主催:日韓文化交流基金】基金創立40周年プレ企画「ポストコロナの日韓交流~新しい世界をめざして~」交流支援制度のご案内


公益財団法人日韓文化交流基金では、2023年に創立40周年を迎えることから、この度、基金創立40周年プレ企画「ポストコロナの日韓交流~新しい世界をめざして~」と題した、草の根交流等への支援を行います。

日韓間の人的往来の門戸が徐々に開かれつつある中、新たな交流プログラムやコロナ禍の経験を生かしてバージョンアップした事業を企画し、今後の日韓交流の機運を高めてくださる団体・グループを募集します。
ご関心をお寄せくださいますと幸いです。

【支援対象となる事業】
時期:令和4(2022)年度下半期(10月1日~3月10日)に実施される事業
形式:対面実施のほか、オンラインやハイブリッド(対面+オンライン)形式も可能
参加者:日韓両国以外の国や地域からの参加も可能

【支援内容】
支援上限額:300万円
※左記の上限額の範囲内で事業経費の一部を支援します
対象費目:旅費、会議費、諸謝費、資料作成費など

【応募締切】
2022年8月19日(金)17時30分まで
(応募に際しては、ウェブサイトからの手続きとメール送信が必要です)

くわしくは当基金のウェブサイトをご覧ください。
https://www.jkcf.or.jp/news/2022/07/04/25055/

問い合わせ先:日韓文化交流基金
Email: new.nikkan★jkcf.or.jp ★を@に変えてください。

【Notice from WGO staff】 Please visit our web site! English monthly newsletter provides on the web version.

What's Going On? is an English-language, monthly newsletter for foreigners living or visiting Matsuyama. With the COVID 19 pandemic, the printed version was suspended. We had intended to start up again, but due to a cost increase and other reasons, we are no longer able to print. From April 2022, you can find it online at the URL/QR code given below.

We hope you will find it informative and interesting.

Please visit our web site at the following URL or QR code.

WGO? website: https://wgo-matsuyama.com/

CONTENTS:

Haiku/ Topics (local news) / Local Festivals / Theater and TV movies / Performances / Exhibitions / Announcements / Emergency hospital schedule and other emergency information / Flea market schedule / City map / Sports information / MATSUYAMA OUTLOUD (Short essays) / Student Voices

 

「KOREALITY コリアリティー」創刊のお知らせ

                      ※画像をクリックするとPC版にジャンプします。(外部サイトへのジャンプです)
国際交流員は、地域の国際交流推進を図るため招致した外国人で、日本各地の県庁や市役所等で、翻訳や通訳のほか、国際理解のための交流活動を行っています。
この度、日本各地で働いている韓国からの国際交流員が、韓国の多様な文化を発信することで、少しでもみなさんに韓国の趣を味わって欲しいと、自ら、雑誌「KOREALITY コリアリティー」を創刊しました!
冊子は今後3回、発刊予定です。
もちろん、本県で働いている韓国からの国際交流員・アヨン氏も執筆しています。
ぜひご一読ください(2 stars)
Mobile ver :  https://url.kr/y86jfe

令和4年度 多文化共生事業等助成金の交付決定及び助成金額について

令和4年度「多文化共生事業等助成金」の交付を決定しましたので、お知らせします。

2次募集は実施いたしません。

 

令和4年度 対象決定事業一覧

 

 

ウクライナ紛争に対する人道支援について(募金関係)

ロシアとウクライナの紛争が続いています。

多くの死者が発生し混乱を極めている様子が連日報道されています。

愛媛県内にも当事国出身の方々が暮らしておられ、不安な日々をお過ごしのことと思います。戦闘が一日も早く終息し、平和が回復することを願ってやみません。

この紛争への人道支援として、現在次のような募金が立ち上がっています。

 

 

愛媛県

愛媛県ウクライナ人道危機救援金の募集

https://www.pref.ehime.jp/h10100/ukraine/ehimekenukrainejindokikikyuenkin.html

愛媛県ウクライナ避難民生活支援金(ふるさと納税)の募集

https://www.pref.ehime.jp/h10100/ukraine/ehimekenukrainehinanminseikatusienkin.html

日本赤十字社

https://www.jrc.or.jp/contribute/help/ukraine/

日本ユニセフ

https://www.unicef.or.jp/kinkyu/ukraine/

愛媛県ユニセフ協会

https://www.unicef-ehime.jp/

*愛媛県ユニセフ協会の募金箱は、愛媛県国際交流センター(松山市道後一万1-1)にも設置しています。

 

 

EPICめるまが ⇒ LINE に配信方法がかわります



「EPICメールマガジン(EPICめるまが)」の配信を令和4年5月に終了します。
令和4年3月から、あらたに、LINEの配信に変わります。
(令和4年3月から5月の3か月は、移行期間です。両方読むことができます。)

■日本語で読みたい人:
おもに、日本人の人に向けた情報です。
LINEで読むことができます。

https://lin.ee/NkvzppN
このURLをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントを友だち追加できます。
月1回程度の配信です。
運用ポリシーや利用規約を、当センターのホームページに掲載しています。
配信を希望される方は、必ず、ご一読ください。
【運用ポリシー&利用規約】
http://www.epic.or.jp/policy/index.html

■外国語(英語、中国語、韓国語、ベトナム語)ややさしい日本語で読みたい人:
おもに、外国の人に向けた情報です。
月1回程度の配信です。
Facebookで読むことが、できます。
https://www.facebook.com/%E5%85%AC%E7%9B%8A%E8%B2%A1%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E6%84%9B%E5%AA%9B%E7%9C%8C%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E4%BA%A4%E6%B5%81%E5%8D%94%E4%BC%9A-1703403723223849/

★問い合わせ先:愛媛県国際交流センター(EPIC)
TEL: 089-917-5678(担当:伊藤)

【県からのお知らせ】ウクライナ避難民の受入れ対応について

各市町に対応窓口が設置されましたので、お知らせします。

市町ウクライナ避難民受入総合窓口

なお、愛媛県国際交流センターでも、

「外国人相談ワンストップセンター」において、

ウクライナ人をはじめ、在県外国人からの相談に対応しています。

【情報募集中!】EPICめるまが12月配信分への広報希望について(12/1〆)

「EPICめるまが」では県内の国際交流に関するイベント等の情報を募集しています。(掲載無料です!)

当メールマガジンにて配信いたします。*営業目的、政治・宗教に関係のあるものは配信出来ません。

★12月9日(木)配信分への記事掲載をご希望の方は、12月1日(水)までに原稿を送付してください。 

原稿送り先  E-mail:  haiku575@lib.e-catv.ne.jp

===========================================

*原稿規格:

・データ形式:テキスト形式の電子データ(wordも対応可能です。なお、このメールマガジンはテキスト形式で配信します。)

・言語:日本語で掲載可能です。なお機種依存文字はお避けください。

・量:日本語の場合 (タイトル)全角34文字×3行程度まで(本文)全角34文字×20行程度まで

原稿には以下の事項を記載ください。

・開催日時 ・開催場所 ・参加費 ・概要

・問い合わせ先電話番号 ・電子メールアドレス等

(問い合わせ先を公開配信することについて、必ず問い合わせ先の了解を得ること。)

・その他 参加するにあたり必要と思われる情報

*掲載する情報に関しては各投稿者で責任をお持ちいただきます。

EPICでは掲載情報の信用性等についていかなる責任も負いません。

*投稿情報の掲載可否、掲載日・掲載期間は出来るだけご要望を尊重しますが最終的にEPICが判断するものとします。

*メールマガジンの書式等に即した表記方法に編集させていただくことがあります。

*予定される配信は都合により休止する場合もあります。

*その他詳細はお問い合わせください。

E-mail: haiku575@lib.e-catv.ne.jp

 

 

 

 

施設を利用される皆様へ(10/1~)

愛媛県は10月1日(金)から新型コロナウイルス警戒レベルを

感染警戒期に切り替えます。

これに伴い、当センターの利用を再開します。

*予約受付も再開します。

 

ただし、施設をご利用の際は

☆マスクの着用、手洗い  ☆人と人との距離の確保

☆定期的な換気 ☆利用者全員の連絡先の把握 など

施設利用ルールを厳守してください。

なお、今後の感染状況によっては

予約済であっても利用をお断りする場合があります。

 

Copyright © EPIC. All Rights Reserved.

▲ページTOPへ