ふりがな あり なし

重要なお知らせ

重要なお知らせ

施設を利用される皆様へ(10/1~)

愛媛県は10月1日(金)から新型コロナウイルス警戒レベルを

感染警戒期に切り替えます。

これに伴い、当センターの利用を再開します。

*予約受付も再開します。

 

ただし、施設をご利用の際は

☆マスクの着用、手洗い  ☆人と人との距離の確保

☆定期的な換気 ☆利用者全員の連絡先の把握 など

施設利用ルールを厳守してください。

なお、今後の感染状況によっては

予約済であっても利用をお断りする場合があります。

 

ボランティア日本語教師養成講座のお知らせ(新居浜市国際交流協会)

外国人に日本語を教える勉強を始めませんか。日本語教育の基礎講座です。

対象:講座終了後もボランティア活動と勉強が続けられる人

日時:10月14日~12月16日 毎週木曜日

①10:00~11:30 ②19:30~21:00 【内容 ①と②は同じ】

講師:にいはま日本語の会

場所:ふれあいプラザ

締め切り:10月8日(金)

受講料:無料

募集定員:20名

※少人数の場合は取りやめになるかもしれません。予め、ご承知おきください。

申し込み:新居浜市国際交流協会

新居浜市繁本町8-65 市民文化センター別館1階

TEL: 0897-65-1579   FAX:  0897-65-3157

E-mail:  niihamashikokusai@gmail.com

 

 

【情報募集中!】EPICめるまが10月配信分への広報希望について(9/30〆)

「EPICめるまが」では県内の国際交流に関するイベント等の情報を募集しています。(掲載無料です!)

当メールマガジンにて配信いたします。*営業目的、政治・宗教に関係のあるものは配信出来ません。

★10月14日(木)配信分への記事掲載をご希望の方は、9月30日(木)までに原稿を送付してください。 

原稿送り先  E-mail:  haiku575@lib.e-catv.ne.jp

===========================================

*原稿規格:

・データ形式:テキスト形式の電子データ(wordも対応可能です。なお、このメールマガジンはテキスト形式で配信します。)

・言語:日本語で掲載可能です。なお機種依存文字はお避けください。

・量:日本語の場合 (タイトル)全角34文字×3行程度まで(本文)全角34文字×20行程度まで

原稿には以下の事項を記載ください。

・開催日時 ・開催場所 ・参加費 ・概要

・問い合わせ先電話番号 ・電子メールアドレス等

(問い合わせ先を公開配信することについて、必ず問い合わせ先の了解を得ること。)

・その他 参加するにあたり必要と思われる情報

*掲載する情報に関しては各投稿者で責任をお持ちいただきます。

EPICでは掲載情報の信用性等についていかなる責任も負いません。

*投稿情報の掲載可否、掲載日・掲載期間は出来るだけご要望を尊重しますが最終的にEPICが判断するものとします。

*メールマガジンの書式等に即した表記方法に編集させていただくことがあります。

*予定される配信は都合により休止する場合もあります。

*その他詳細はお問い合わせください。

E-mail: haiku575@lib.e-catv.ne.jp

【新居浜市国際交流協会主催】10月10日(日)中秋節のベトナムのロンデン(ランタン)を作ろう!

ベトナムのぼんぼり「ロンデン」を作って、ベトナムの中秋節をお祝いしましょう。

対象:小学校低学年(保護者同伴)

月日:10月10日(日)14:00~17:00

場所:新居浜市まちづくり協働オフィス

定員:10名(マスク必着)

材料費:600円

お問い合わせ・お申込み新居浜市国際交流協会

TEL:0897-65-1579 FAX:0897-65-3157

e-mail :  niihamashikokusai☆gmail.com  (☆印を@に変えてください。)

 

国際交流サロン「もっと知ろう!私たちのまわりの外国人材」(オンライン)のお知らせ

 

愛媛県に住む外国人のうち、約7割は外国人技能実習生です。

「技能実習生」という言葉はよく聞くけれど、遠い世界の話だと思っていませんか?

「どんな仕事をしているの?」「どんな国から来たの?」技能実習生の方たちから直接聞いてみましょう!

2回目には視点を変えて、専門家からお話しを伺います。

私たちの生活を支えている外国人材との未来を考えてみましょう。

 

<1回目>外国人技能実習生との交流会

◆日 時:9月12日(日)14:00~15:30

◆内 容:県内で働く技能実習生の方たちから出身国の紹介や仕事の様子、普段の様子を伺います。グループに分かれるので気軽にお話しできます。

◆協 力:えひめパートナーサービス協同組合、日比介護国際協同組合 ※五十音順

 

<2回目>講演

◆日 時:9月18日(土)14:00~15:30

◆内 容:アジア経済研究所の佐藤寛さんに、日本を支える外国人材の現状や課題についてお話ししていただきます。

◆講 師:佐藤寛さん

日本貿易振興機構アジア経済研究所 上席主任調査研究員

専門:開発社会学、地域研究(イエメン)、援助研究、日本の開発経験研究

 

<共通>

◆会 場:ビデオ会議アプリZoom

◆対 象:高校生以上

◆参加費:無料

 

申し込み方法:メール、ホームページなどからお申し込みください

https://www.mic.ehime.jp/MIC/JP/Salon/gaikokujinzai2021_info.html

 

問い合わせ先:まつやま国際交流センター(MIC)

TEL: 089-943-2025

E-mail: mail☆mic.ehime.jp   (☆印を@に変えてください。)

愛媛スリランカ技術交流事業(えひめ・スリランカ オレンジプロジェクト)冊子が完成しました!

当協会では、国際協力事業の一環として、平成18年度(2006年度)よりスリランカ民主社会主義共和国における柑橘栽培復興計画を支援して参りました。

長年に亘る取り組みにおいては、「地域の特徴を活かした多様な協力」、「対等な協力関係に基づく住民参加型の協力」、「相手地域のニーズにあったきめ細かな協力」を念頭に置きつつ、愛媛とスリランカが共に輝く成果を模索してきました。

今回、私たちの活動に丁寧に伴走し協力いただいた皆様方への感謝の気持ちを込めて、事業成果と今後の事業展望をまとめた冊子を作成いたしました。

当協会の活動を支援してくださる方々、また、国際協力に携わる方々にご一読賜りまして、本冊子が今後の国際協力推進の一助となりましたら幸いです。

As part of our international cooperation activities, we have been supporting the project for the revival of citrus cultivation in the Democratic Socialist Republic of Sri Lanka since 2006.

In our efforts over the years, we have sought to achieve results that will bring Ehime and Sri Lanka together, keeping in mind the following principles: "diversified cooperation that makes the most of local characteristics", "cooperation with the participation of local people based on equal cooperation", and "cooperation that is finely tuned to the needs of the partner region".

In order to express our gratitude to all those who have carefully accompanied and cooperated with us in our activities, we have prepared a booklet summarizing the results of the project and the future prospects of the project.

We hope that those who support our activities and those who are involved in international cooperation will read this booklet and that it will help to promote international cooperation in the future.

 

★「えひめ・スリランカ オレンジプロジェクト】冊子.pdf

 

 

 

【募集を締め切りました!】8月27日(金)開催「 おしゃべり文化サロン in EPIC 」

 

8月は2回「おしゃべり文化サロン」を開催します。

2回目の文化サロンは、アメリカ国際交流員の 真・シュローダーが担当します。

8月末で退任する真・シュローダー交流員の文化サロンは、今回が最終回となります。

真・シュローダー交流員が5年を振り返って何を語るのか?

ぜひ、ご参加ください😊

 

日時  2021年8月27日(金) 14:00~15:00 (受付 13:30~)

場所  :愛媛県国際交流センター(EPIC)2階 第1研修室

定員  :8名(先着順)

参加費 :無料

申込方法:Eメールまたは電話

・Eメールによる申込み

必要事項(①氏名②住所③電話番号)をご記入のうえ、次のアドレスまで送信してください。

E-mail iseka★epic.or.jp       (※ ★印を@に変えてください。)

・電話による申込み

TEL    089-917-5678(8:30~17:15)

※ご本人からの申込みを原則とします。

申込締切:8月26日(木) 15:00まで

担当  :伊勢家(いせか)、真・シュローダー

 

(おしゃべり文化サロンに参加される方へ)

≪参加の条件≫

①風邪の症状や37.5度以上の発熱がある等、体調不良の方は参加しないでください。

②参加前、参加後の手洗い又は手の消毒を徹底してください。

③参加者はマスクを着用してください。

≪そのほか≫

・新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、お茶の提供を中止します。

水分補給用の飲み物はご持参ください。

・講座当日に、健康状態等のアンケートを実施する予定ですので、ご協力をお願いします。

・今後の感染拡大の状況によって、参加条件の変更や講座中止の可能性もありますので

あらかじめご了承ください。

施設を利用される皆様へ(8/12~)

愛媛県が8月11日に新型コロナウイルス警戒レベルを最高レベルの感染対策期に引き上げたことから

当面の間、新規研修室利用予約停止します。

 

ラウンジの利用も、極力自粛お願いします。

 

既に利用予約済の方も利用の際は

☆マスクの着用

☆人と人との距離の確保

☆定期的な換気    など

施設利用ルールを厳守してください。

皆様のご協力をお願いします。

【情報募集中!】EPICめるまが9月配信分への広報希望について(8/25〆)

「EPICめるまが」では県内の国際交流に関するイベント等の情報を募集しています。(掲載無料です!)

当メールマガジンにて配信いたします。*営業目的、政治・宗教に関係のあるものは配信出来ません。

★9月9日(木)配信分への記事掲載をご希望の方は、8月25日(水)までに原稿を送付してください。 

原稿送り先  E-mail:  haiku575@lib.e-catv.ne.jp

===========================================

*原稿規格:

・データ形式:テキスト形式の電子データ(wordも対応可能です。なお、このメールマガジンはテキスト形式で配信します。)

・言語:日本語で掲載可能です。なお機種依存文字はお避けください。

・量:日本語の場合 (タイトル)全角34文字×3行程度まで(本文)全角34文字×20行程度まで

原稿には以下の事項を記載ください。

・開催日時 ・開催場所 ・参加費 ・概要

・問い合わせ先電話番号 ・電子メールアドレス等

(問い合わせ先を公開配信することについて、必ず問い合わせ先の了解を得ること。)

・その他 参加するにあたり必要と思われる情報

*掲載する情報に関しては各投稿者で責任をお持ちいただきます。

EPICでは掲載情報の信用性等についていかなる責任も負いません。

*投稿情報の掲載可否、掲載日・掲載期間は出来るだけご要望を尊重しますが最終的にEPICが判断するものとします。

*メールマガジンの書式等に即した表記方法に編集させていただくことがあります。

*予定される配信は都合により休止する場合もあります。

*その他詳細はお問い合わせください。

E-mail: haiku575@lib.e-catv.ne.jp

【COVID-19】イベント(いべんと)や お祭(まつ)りなどの 行事(ぎょうじ)に 行(い)く時(とき)、注意(ちゅうい)すること

イベント(いべんと)や お祭(まつ)りなどの 行事(ぎょうじ)に 行(い)く時(とき)、注意(ちゅうい)してください。

【国(くに)からの お知(し)らせ】自分(じぶん)の 国(くに)の お祭(まつ)りなど、イベント(いべんと)や 行事(ぎょうじ)に 行(い)く時(とき)、注意(ちゅうい)してください。

English中文简体TagalogTiếng ViệtBahasa Indonesia한국어မြန်မာဘာသာภาษาไทยPortuguêsភាសាខ្មែរ नेपाली العربية【PDF】

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室
https://corona.go.jp/proposal/

参考(国からの通知1)

事務連絡
令和2年10月30日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について

平素から新型コロナウイルスの感染防止対策の推進にご協力いただき感謝申し上げます。
昨日開催された第13回新型コロナウイルス感染症対策分科会において、「感染拡大の原因となるクラスターについて、これまで把握されているリスクの高い場における対応を継続していくとともに、これまでと異なる場が感染拡大の端緒となる可能性があり、対象者の特性に応じた情報提供(特に、日本語以外の言語や生活習慣等の違いに配慮した情報提供等の取組)(中略)など大規模クラスターやクラスター関連が発生しないよう早期かつ適切な対応が求められる。」との問題認識の下、「今までに情報が届かなかった人への情報提供」に取り組むよう、同分科会から政府に対し、提言がありました。
感染拡大の端緒となるこれまでと異なる場の一つとして、在留外国人が自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等が挙げられるところ、日本社会の一員である在留外国人がお祭り等を実施するにあたり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。
つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在留外国人担当部局などの関係部局や、国際交流協会などの関係団体等と連携の上、在留外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。
なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を引き続き進めてまいります。引き続き在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等についてご尽力、ご協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 10月17日~10月31日 ダサイン(ネパール)
  • 11月1日~11月2日 諸聖人の日・死者の日(ブラジル、フィリピン等)
  • 11月13日~11月16日 ティハール(ネパール)
  • 11月14日 ディワリ(インド等) など

記2

  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加をなるべく控えること。特に、不特定多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲酒や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。

参考(国からの通知2)

事務連絡
令和2年11月13日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(第2報)

平素から新型コロナウイルスの感染防止策の推進にご協力いただき感謝申し上げます。
「在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について」(令和2年10月30日発出)でお知らせしましたとおり、10月29日の新型コロナウイルス感染症対策分科会(第13回)において、「感染拡大の原因となるクラスターについて、これまで把握されているリスクの高い場における対応を継続していくとともに、これまでと異なる場が感染拡大の端緒となる可能性があり、対象者の特性に応じた情報提供(特に、日本語以外の言語や生活習慣等の違いに配慮した情報提供等の取組)(中略)など大規模クラスターやクラスター関連が発生しないよう早期かつ適切な対応が求められる。」との問題認識の下、「今までに情報が届かなかった人への情報提供」に取り組みよう、同分科会から政府に対し、提言がありました。
感染拡大の端緒となるこれまでと異なる場の一つとして、在住外国人が自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等が挙げられるところ、日本社会の一員である在住外国人がお祭り等を実施するにあたり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。
つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在留外国人担当部局などの関係部局や、国際交流協会などの関係団体等と連携の上、在留外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。
なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を引き続き進めてまいります。引き続き在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等についてご尽力、ご協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 11月27~30日 タザウンモン満月のお祭り(ミャンマー)
  • 12月8日 聖母マリア祭(ブラジル、フィリピン等)
  • 12月25日 クリスマス
  • 12月26日 カレンの正月(ミャンマー)
  • 12月30日 タム・ロサール(正月のお祭)(ネパール)
  • 12月31日-令和3年1月1日 新年 など

記2

  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加をなるべく控えること。特に、多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲酒や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。

参考(国からの通知3)

事務連絡
令和2年12月18日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人のお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(第3報)

平素から新型コロナウイルスの感染防止対策の推進に御協力いただき感謝申し上げます。
「在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について」(令和2年10月30日、11月13日発出)でお知らせしましたとおり、在留外国人における大規模クラスター等が発生しないよう早期かつ適切な対応を行うべく、在留外国人に対する情報発信等の取組が求められているところです。
在留外国人においては、自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等を実施するにあたり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。特に、新年や旧正月が近づきつつある中、感染リスクを下げるため、より一層の感染防止策に関する周知が必要となります。
つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在留外国人担当部局などの関係部局や、国際交流協会などの関係団体等と連携の上、在留外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を引き続き進めてまいります。引き続き在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等についてご御尽力、御協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 12月31日~1月1日 新年
  • 1月14日~17日 ポンガル(インド、スリランカ)
  • 1月14日 マーゲ・サクランティー(ネパール)
  • 1月21日 ラ・アルタグラシア(聖母の日)(ドミニカ共和国)
  • 1月24日 アラシタ祭り(ボリビア)
  • 2月11日~16日 カーニバル(ブラジル、フィリピン等)
  • 2月12日~旧正月(中国、韓国、インドネシア、ベトナム等)など

記2

  • 体調が悪い場合は、イベントや会食に参加しないこと。
  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加を控えること。特に、多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲酒や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染したと疑われる場合で、医療機関への受診等に関して疑問等がある場合には、居住する自治体の相談窓口等に電話すること。

参考(国からの通知4)

事務連絡
令和3年2月29日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人のお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(第4報)

平素から新型コロナウイルスの感染防止対策の推進に御協力いただき感謝申し上げます。
ご承知の通り、緊急事態宣言が発出され、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県が緊急事態措置を実施すべき区域の対象とされており、当該区域においては不要不急の外出自粛等が要請されているところですが、当該区域以外においても引き続き、基本的な感染防止策の徹底が求められます。
こうした中、「在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について」(令和2年10月30日、11月13日、12月18日発出)でお知らせしてきましたとおり、在留外国人における大規模クラスター等が発生しないよう早期かつ適切な対応を行うべく、在留外国人に対する情報発信等の取り組みが求められているところです。
在住外国人においては、自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等を実施するにあたり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。
つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在住外国人担当部局などの関係部局や、国際交流協会などの関係団体等と連携の上、在住外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。
なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を引き続き進めてまいります。引き続き在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等について御尽力、御協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 3月11日 ムハマッド昇天祭(インドネシア等)
  • 3月11日 マハーシヴァラートリ祭(インド、ネパール等)
  • 3月17日 聖パトリックの祝日(アイルランド等)
  • 3月28日 ホーリー祭
  • 4月4日 イースター(フィリピン、ブラジル等)など

記2

  • 体調が悪い場合は、イベントや会食に参加しないこと。
  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加を控えること。特に、多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲酒や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染したと疑われる場合で、医療機関への受診等に関して疑問等がある場合には、居住する自治体の相談窓口等に電話すること。

参考(国からの通知5)

事務連絡
令和3年4月21日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人のお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(第5報)

平素から新型コロナウイルスの感染防止対策の推進に御協力いただき感謝申し上げます。
ご承知の通り、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び沖縄県がまん延防止等重点措置を実施すべき区域とされ、当該区域においても引き続き、基本的な感染防止策の徹底が求められます。
こうした中、「在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について」(令和2年10月30日、11月13日、12月18日、令和3年2月19日発出)でお知らせしてきましたとおり、在留外国人に対する情報発信等の取り組みが求められているところです。
在留外国人においては、自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等を実施するに当たり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。
つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在留外国人担当部局等の関係部局や、国際交流協会などの関係団体等と連携の上、在留外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。
なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を進めてまいります。引き続き、在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等について御尽力、御協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 4月21日 フン祭り(ベトナム)
  • 5月13日 キリスト昇天祭(インドネシア)
  • 5月13日~14日 ラマダン明け大祭(ミャンマー、インドネシア、ネパール 等)
  • 5月中旬 ブン・バンファイ(タイ)
  • 5月下旬~6月上旬 聖体祭(ブラジル、ボリビア 等)
  • 6月21日 アイマラ暦元旦(ボリビア)
  • 7月下旬 メッカ巡礼祭(ミャンマー、インドネシア、ネパール 等)

記2

  • 体調が悪い場合は、イベントや会食に参加しないこと。
  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加を控えること。特に、多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲酒や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染したと疑われる場合で、医療機関への受診等に関して疑問等がある場合には、居住する自治体の相談窓口等に電話すること。

参考(国からの通知6)

事務連絡
令和3年7月29日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人のお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(第6報)

平素から新型コロナウイルスの感染防止対策の推進に御協力いただき感謝申し上げます。
ご承知の通り、緊急事態宣言が発出され、東京都及び沖縄県が緊急事態措置を実施すべき区域の対象とされたほか、埼玉県、千葉県、神奈川県及び大阪府がまん延防止等重点措置を実施すべき区域とされ、これらの区域においては不要不急の外出自粛等が要請されているところですが、これらの区域以外においても引き続き、基本的な感染防止策の徹底が求められます。
こうした中、「在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について」(令和2年10月30日、11月13日、12月18日、令和3年2月19日、4月21日発出)でお知らせしてきましたとおり、在留外国人における大規模クラスター等が発生しないよう早期かつ適切な対応を行うべく、在留外国人に対する情報発信等の取り組みが求められているところです。
在留外国人においては、自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等を実施するに当たり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。
つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在留外国人担当部局等の関係部局や、国際交流協会などの関係団体等と連携の上、在留外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。
なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を進めてまいります。引き続き、在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等について御尽力、御協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 8月10日 イスラム暦新年(インドネシア等)
  • 9月17日 中秋節(中国)
  • 9月中旬~10月上旬 オクトーバーフェスト(ドイツ)
  • 10月3日 旧盆(韓国)
  • 10月1日~7日 国慶節(中国)
  • 10月2日 インドラ・ジャトラ(ネパール)
  • 10月7日~19日 ダサイン(ネパール)
  • 10月15日 ダシャラー祭(インド)
  • 10月19日 ムハマッド降誕祭(インドネシア等)
  • 10月31日 ハロウィン(アメリカ等)

記2

  • 体調が悪い場合は、イベントや会食に参加しないこと。
  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加を控えること。特に、多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲酒や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染したと疑われる場合で、医療機関への受診等に関して疑問等がある場合には、居住する自治体の相談窓口等に電話すること。

参考(国からの通知7)

事務連絡
令和3年9月28日

各都道府県新型コロナウイルス感染症対策担当部局 御中

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

在留外国人のお祭り等における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(第7報)

平素から新型コロナウイルス感染防止対策の推進に御協力いただき感謝申し上げます。

ご承知の通り、9月28日の第77回新型コロナウイルス感染症対策本部において、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和2年3月28日新型コロナウイルス感染症対策本部決定)が変更され、全ての都道府県が緊急事態措置区域に該当しないこととなったため、9月30日をもって緊急事態措置が終了することとなり、また、宮城県、福島県、石川県、岡山県、香川県、熊本県、宮崎県及び鹿児島県について、9月30日をもってまん延防止等重点措置が終了することとなったところですが、今後の早期の感染の再拡大を招かないよう、これらの地域においても必要な対策は継続することとされております。また、引き続き、基本的な感染防止策の徹底が求められます。

こうした中、「在留外国人が参加するお祭り等における新型コロナウイス感染症対策の徹底について」(令和2年10月30日、11月13日、12月18日、令和3年2月19日、4月21日、7月29日発出)でお知らせしてきましたとおり、在留外国人における大規模クラスター等が発生しないよう早期かつ適切な対応を行うべく、在留外国人に対する情報発信等の取り組みが求められているところです。

在留外国人においては、自国の伝統や風習等に基づき行うお祭り等を実施するに当たり、言葉の壁等により適切な感染防止策に取り組めない状況があるのであれば、必要な支援を講ずる必要があります。

つきましては、当面、近日中に想定される下記1のお祭り等が安全に開催できるよう、在留外国人担当部局等の関係部局や国際交流協会等などの関係団体等と連携の上、在留外国人やその関係の方々に対し、下記2の点について、速やかな周知をお願いします。

なお、当室においても関係外交代表団や団体等と連携し、より有効な情報発信や支援を進めてまいります。引き続き、在留外国人に対する適切な感染拡大防止のための支援等について御尽力、御協力をお願いします。

記1

直近の主なお祭り等(地域によって、日程が異なる可能性があることに留意)

  • 9月中旬~10月上旬 オクトーバーフェスト(ドイツ)
  • 10月3日 旧盆(韓国)
  • 10月1日~7日 国慶節(中国)
  • 10月2日 インドラ・ジャトラ(ネパール)
  • 10月15日 ダシャラー祭(インド等)
  • 10月19日 ムハマッド降誕祭(インドネシア等)
  • 10月31日 ハロウィン(アメリカ等)
  • 11月1日~2日 諸聖人の日・死者の日(ブラジル・フィリピン等)
  • 11月3日~6日 ティハール祭(ネパール)
  • 11月4日 ディワリ(インド等)
  • 11月27日~30日 タザウモン満月のお祭り(ミャンマー)

記2

  • 体調が悪い場合は、イベントや会食に参加しないこと。
  • 密が発生しやすい場所や基本的な感染防止策が徹底されていないイベントや会食への参加を控えること。特に、多数の人が密集し、かつ、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えること。
  • イベントや会食の参加に当たっては、適切な対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声での会話の自粛など、適切な感染防止策を徹底すること。
  • 街頭や飲食店での大量または深夜にわたる飲食や、飲酒しての行事への参加は、その行事の特性を踏まえつつ、なるべく自粛すること。
  • 必要に応じて、家族同士で自宅で過ごす、オンラインのイベントに参加するなどの新しい楽しみ方を検討すること。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染したと疑われる場合で、医療機関への受診等に関して疑問等がある場合には、居住する自治体の相談窓口等に電話すること。

Copyright © EPIC. All Rights Reserved.

▲ページTOPへ