EPICからのお知らせ

そのほか

外国人住民対象・救命講習会(今治市) Life Saving Workshop in Imabari

と き 2月1日㈮ 19:00~21:00
ところ 今治市消防本部、消防署
参加費 無料
定 員 20人程度
その他 言語により通訳有り
申込先 今治市国際交流協会へ
TEL/FAX: 0898-34-5763
Eメール:  info★iciea.jp ※★を@に変えてください。

■Date:2/1(Friday)19:00-21:00
■Place: Fire Station of the Imabari City Fire Department
■Address: 2-1-1 Minamihoraicho, Imabari
■Fee:Free
■Capacity:20 participants
■Other:An interpreter will be present.
★E-mail: info★iciea.jp ※Please change ★ into @ when you send a messange.

日本語交流会 参加者募集中! Japanese Exchange Event

えひめ日本語ネットワーク

ちらし(PDF)

日本語に興味のある外国の方と日本人の交流会です。
日本語ボランティア活動に興味のある方、ご参加をお待ちしています。

■日  時:年2月3日(日)13:30~15:30
■場  所:松山市総合福祉センター 大会議室
(住所:松山市若草町8-2)
■内  容:節分のおはなし、豆まき、豆つまみ皿うつしゲーム、書道体験、福笑い、折り紙、漢字ゲーム、しりとり
■参 加 費:無料
■定  員:50名(先着順です)
■申込締切:1月25日(金)
■申込方法:お名前と、お電話番号またはEメールアドレスをお知らせください。
★問い合わせ先:えひめ日本語ネットワーク
TEL:090-8699-5854(青野)
E-mail:ehime-nihongo★nifty.com(青野)
E-mail:shaico★tea.ocn.ne.jp(塩入)
※★を@に変えてください。

This is an event for promoting exchange between local Japanese and foreigners.
February 3rd is the day of “Setsubun.”
“Setsubun” always takes place on the last day of winter.
People often plant seeds or eat their age in seeds on this day.
Using “Setsubun” as the theme, let us enjoy various games and conversations with each other.

■Date:2/3(Sunday)13:30-15:30
■Place: Large meeting room of the Mastsuyama General Welfare Center
■Address:8-2 Wakakusacho, Matsuyama
■Fee:Free
■Application: Please send in your name, phone number and e-mail address.
■Deadline:Please send in you application by 1/25 (Friday).
★E-mail: ehime-nihongo★nifty.com (Ehime Nihongo Network) *Please change ★ into @ when you send a message.

公開講演会「英米の自国ファーストという考え方について」 参加者募集!

世界の国旗のイラスト(248枚まとめ)

どこの国も自国の国益を最重視しない国はありませんが、「自国ファースト」と臆面もなく叫ぶことは、必ずしも多くの国の慣行ではありません。
イギリスのEU離脱交渉を総括し、トランプ政権の政治手法について考えてみます。

■日  時:2月10日(日)15:00~16:30
■場  所:愛媛学習センター 4階 講義室
(住所:松山市文京町3番・愛媛大学内)
■講  師:戸澤 健次(愛媛大学名誉教授)
■定  員:80名
■申込方法:事前予約不要
★問い合わせ先:放送大学愛媛学習センター
TEL: 089-923-8544
E-mail: ehime-sc★ouj.ac.jp ※★を@に変えてお送りください。

公開講演会「英語リスニングの方法」参加者募集!

いろいろな英語の褒め言葉のイラスト文字
英語リスニングでは、次から次へと流れる音を追いかけることも重要ですが、文法の知識を活用して内容を推測することも必要です。
今回の講演では、短い文(又は文の一部)を聞き取るディクテーションを紹介することで、英語リスニングの練習方法について考えてみたいと思います。

■日  時:1月12日(土)13:00~14:30
■場  所:愛媛学習センター 4階 講義室
(住所:松山市文京町3番・愛媛大学内)
■講  師:木下 英文(愛媛大学法文学部教授)
■定  員:80名
■申込方法:事前予約不要
★問い合わせ先:放送大学愛媛学習センター
TEL: 089-923-8544
E-mail: ehime-sc★ouj.ac.jp ※★を@に変えてお送りください。

ボランティア英語・中国語ガイド養成講座 受講生募集!

外国の人に英語・中国語で広瀬歴史記念館を案内しませんか。

■日  時:1月23日(水)、30日(水)、2月6日(水)、13日(水)、3月27日(水)の全5日間 10:00~12:00
■場  所:1月23日(水)広瀬歴史記念館
1月30日(水)別子銅山記念館
2月 6日(水)マイントピア別子
2月13日(水)まちづくり協働オフィス
3月27日(水)東平
■参 加 費:2,000円
※3月27日(水)の東平は別途観光バス代1,300円が必要です。
■申込締切:1月21日(月)
★申し込み先:新居浜ガイドクラブ
英語 TEL: 0897-66-1087 または 090-4781-9411(日野)
中国語 TEL: 0897-47-5620(野田)
★問い合わせ先:新居浜市地域コミュニティ課
TEL: 0897-65-1218

第5回 しこちゅ~国際交流フェスタ 参加者募集! International Exchange Festa

四国中央市フェスタちらし(PDF)

ブースを巡ってさまざまな国の文化や食べ物を体験し、みんなで国際交流を楽しもう!

■日  時:2月3日(日)13:30~16:00 受付13:00~
■場  所:四国中央市福祉会館 4階 多目的ホール
(住所:四国中央市三島宮川4丁目6)
■参 加 費:無料
■そのほか:一人1品、料理またはお菓子を持参してください。市販のもので構いません。
★問い合わせ先:四国中央市国際交流協会
TEL: 0896-28-6014
E-mail: sifa★city.shikokuchuo.ehime.jp ※★を@に変えてください。

 

This is an exchange event for foreigners and Japanese that live in Shikokuchuo.
Come experience the food and culture of various countries.

■Date:2/3(Sunday)13:30-16:00
■Place: Multipurpose Hall on the 4th floor of the Shikokuchuo Welfare Center
■Address:4-6 Mishima Miyagawa, Shikokuchuo
■Fee:Free
■Otjer: Everyone should bring one dish or snack with them. This can be a store bought item as well.
★E-mail: sifa★city.shikokuchuo.ehime.jp ※Please change ★ into @ when you send a messange.

ニューイヤーパーティ2019 参加者募集! New Year Party 2019

yawatahamaenglish

yawatahamajapanese

 

ちらし日本語(JPEG)
ちらしenglish(JPEG)

八幡浜市内外の外国人の方と市民(国際交流協会会員)との交流を深めるため、ニューイヤーパーティ2019を開催します!
どなたでもご参加いただけますので、希望される方は、お申し込みください。

■日  時:1月26日(土)15:00~17:00
■場  所:みなっと みなと交流館
(住所:八幡浜市沖新田1581番地23)
■参 加 費:国際交流協会会員 500円、一般 1,000円(高校生以下半額、外国人無料)
■内  容:飲食やアトラクションを通じて外国人と市民との交流を図ります。
■申込締切:1月25日(金)
★問い合わせ先:八幡浜市国際交流協会事務局(八幡浜市役所政策推進課内)
TEL: 0893-22-3111(内線1341)

This is an exchange event for foreigners and Japanese living in Yawatahama.
There will be light foods and beverages provided.
There will also be hands-on Japanese cultural activities such as mochi pounding and calligraphy (writing with a brush).

■Date:1/26(Saturday)15:00-17:00
■Location: Minato Exchange Center, Yawatahama Minatto
■Address:1581-23 Okishinden, Yawatahama
■Cost:Free for foreigners
■Application: Please submit your name, phone number and e-mail
address, along with how many people will be accompanying you.
■Deadline:Please send in your application by 1/25(Friday).
★E-mail: seisaku★city.yawatahama.ehime.jp *Please change ★ into @ when you send a message.

G20愛媛・松山労働雇用大臣会合キックオフフォーラム 開催!

日本で初めてのG20サミットが大阪市で開催されるのに伴い、愛媛・松山市で、分野別閣僚級会合の1つである「労働雇用大臣会合」を9月1日・2日に開催します。
県や松山市等でつくる協議会では、今月31日(木)14時から、関係者をはじめ県民の方々どなたでも参加いただけるキックオフフォーラムを開催します。
愛媛での働き方をテーマにするとともに、厚切りジェイソンさんや本県在住の外国人の方々にも登壇いただき、国際色ある内容となっております。
ぜひご参加ください。

■日  時:1月31日(木)14:00~16:30
■場  所:松山市民会館中ホール
(住所:松山市堀之内)
■内  容:G20大臣会合に関する情報発信に加えて、墨絵アーティストの茂本ヒデキチ氏によるライブパフォーマンスや、お笑い芸人
でIT企業でも活躍する厚切りジェイソン氏の講演、「働きやすく暮らしやすい」愛媛の魅力をテーマにしたパネルディスカ
ッションなどを行うほか、G20オリジナルグッズのプレゼントや県産品があたるプログラムがあります。
■参加方法:参加無料、申込不要でどなたでも参加できます。
★問い合わせ先:県G20労働雇用大臣会合推進室(担当:細川)
TEL:089-912-2467(直通)

わが故郷の川 ブンガワンソロ

トニさん

PDF原稿(ふりがながあります)

初めまして、私はトニ ウィボウォと申します。インドネシアの中部ジャワのスラゲンから来ました。

インドネシアでは多くの有名な川があります。例えばカリマンタンのカプアス川やソマトラノムシ川、ジャワのブンガワンソロ川などです。私は中部スラゲンに住んでいますから、ブンガワンソロという川についてお話ししたいと思います。

ブンガワンソロ川はジャワ島最大の川で、長さは600kmぐらいです。中部ジャワのウオノギリの山からジャワ東部のグレッシクまで続いています。ブンガワンとは「大きい」という意味です。ソロは、この川があるスラカルタ村の古い名前からきています。ブンガワンソロの川の歴史はとても古く、400万年前から流れていたと言われています。私はまだ生まれていませんが。

18世紀にこの川の辺りにマタラムという王朝文化が栄え、その首都がありました。やがてこの王朝が分裂してジョグジャカルタに1つ、ソロに2つの王朝が誕生しました。今でもこの2つの王宮は国の内外からの観光名所になっています。

実は、このブンガワンソロ川の名前がいちやく世界中に知られるようになったのは、ある歌がきっかけでした。それは、1940年にスラカルタのゲサンという歌手が作った「ブンガワンソロ」という曲です。この会場の皆さんの中にもよくご存知の方がいらっしゃるのではないでしょうか。このゲサンのお陰でブンガワンソロは世界中でとても有名になりました。日本では、1948年に日本人の女性の歌手によって初めて歌われ、当時大ヒットしたそうですね。この歌は、昔、山から銀などを採掘し、小舟で都市スラバヤまで運んでいた時の情景を歌ったものです。

ここで、私が少しだけ歌ってご紹介したいと思います。

※【歌詞の日本語訳】
「ソロ川には悠久の歴史があり 太古の昔から人々に
見つめ続けられてきた
乾季になると 水の流れは減り続け 少しの水しか流れず
雨季になると 水ははるか彼方まであふれかえる
ソロを水源とする川の流れよ 流れは幾千もの山を巡って
水は 遥か遠くまで流れいき ついには大海に注がれる
そこに見えるは 小さな舟 遥か昔から商人たちはいつも この小舟に乗って行き来していた」

今はもうこの曲を作ったゲサンは亡くなっていますが、彼はインドネシア人の心の中に今でもずっと生き続けています。今もなお、このブンガワンソロ川は、故郷の多くの農地を潤してくれており、トウモロコシやスイカ、米作りが盛んです。乾期になると水があまりありませんから、川の周りの住民は魚やエビを捕ります。また、牛やヤギを飼っている人々は川で水浴びをさせます。川の周りの子どもたちは泳いで遊びます。私も子どもの頃にはよく友だちといっしょに泳ぎました。本当に楽しい思い出です。私は、これからもこの歌と共にこの故郷の川を大切にしていきたいと思っています。

聴いていただいて、ありがとうございました。

(トニ ウィボウォ(インドネシア))

 

※平成30年12月16日には、丹原にほんごの会の主催による『第19回国際交流スピーチコンテスト』が行われました。
受賞された2名の方々の作品を順次掲載します。
たんばら日本語の会HP http://www.geocities.jp/tbrjpns/index.html

私の愛するベトナム

ジャンさん

PDF原稿(ふりがながあります)

こんにちは、みなさん。私はベトナムから来たジャンと申します。
タオル会社の実習生でございます。よろしくお願いします。

皆さんはベトナムという国について、どのような印象や考えをお持ちでしょうか。

私の国は、私の子どもの頃と比べても大きく経済成長をとげていて、最近では様々な外国から旅行客が来られて、多くの観光地もおいしい食べ物もよく知られるようになりました。

ですが、今日、私は、そのことより私がもっと誇りにしていることをお話ししたいと思います。それは、ベトナムの人たちのふだんの生活の中にある「優しさや思いやり」についてです。もし皆さんが2,3日だけの旅行だったら、はっきり感じ取ることはできないかもしれません。もう少し長くいていただいて、少しずつ感じていくものですから。

ベトナムでは、だれでも、いつでも、熱心に手伝い合います。もし困った人がいれば、その人が自分の家族でなくても、初めて会っただけの人でも手伝ってもらえます。

今から6年前、私の母が胸が突然苦しみ出して倒れたことがありました。父も私も遠くで働いていて、その時、家には中学生になったばかりの妹しかいませんでした。母の急病を知った近所の人たちがすぐにタクシーを呼んで、母を病院に連れて行ってくれました。そして、その人たちはすぐ帰れない家族の代わりに、2日間もずっと病院で母のそばにいてくれたのです。その近所の人たちのおかげで、母は健康を取り戻すことができました。本当に感謝してもしきれません。
このような人々の優しさは、実は、ベトナムではごく普通のことなんです。

(中略)

私たちにとっては、このようなことはごく当たり前のことだし、正常なことだと思います。ベトナムでは、思いやりや助け合うことは何よりも大切なことだと考えています。私は、このようなベトナム人の心をとても誇りに思います。

ですから、みなさん。できれば一度、ご自分で私の国ベトナムへ来て、実際にそこの人たちの心を感じてみませんか。

皆さんがいらしたら、私は皆さんを日本語でご案内いたします。

どうぞ、私の国へいらしてください。できれば1週間ほど。

ご静聴ありがとうございました。

(チィン ティ ジャン(ベトナム))

 

※平成30年12月16日には、丹原にほんごの会の主催による『第19回国際交流スピーチコンテスト』が行われました。
受賞された2名の方々の作品を順次掲載します。
たんばら日本語の会HP http://www.geocities.jp/tbrjpns/index.html

 

Copyright © EPIC. All Rights Reserved.

▲ページTOPへ